エリーちゃん

ドールど素人がエリーちゃん(ダイソー)をカスタムする(顔編)

更新日:

 ドールど素人がエリーちゃんをカスタムしました。
 カスタムすることになった流れはこちらにまとめていますが、要はリカちゃん人形が手に入るまでの「マネキン代わりのエリーちゃん」をかわいい見た目にしたい、ということです。
 そもそものリカちゃんに関する知識はゼロ、ドールに関する知識もゼロなので、暖かい目で見守っていただければと思います。
※ドールの専門家ではないので、あくまで「エリーちゃんのカスタムをやってみた経過報告」です。「エリーちゃんカスタム法」であれば、諸先輩方のサイトが詳しくハウツーが書かれていると思います。
※ドールの写真に耐性がない方はお気をつけください。

エリーちゃん素人カスタム(顔編)のbefore

エリーちゃん素人カスタム(顔編)のafter


エリーちゃん素人カスタム(顔編)の材料・道具・消耗品

【本体】
・ダイソー エリーちゃん 108円×3=324円(3体。2体は男雛、女雛用。1体は予備)
【目】
・ダイソー 目玉シール 108円
・ダイソー レジン(ハード) 108円
・ダイソー つけまつげ 108円
・色鉛筆 家にあったもの
・ボールペン 家にあったもの
【定着剤】
クレオス MrスーパークリアーUVカット つや消し 606円
【接着関係】
・木工用ボンド(速乾)
 家にあったもの
【顔塗料はがし】
・ペンキ用うすめ液 家にあったもの
・ダイソー 除光液 家にあったもの
・ダイソー コットン 家にあったもの
【その他】
・ダイソー パステル(基本色) 108円
・ニス(艶出し用。代用品) 家にあったもの
・ペンキ(アクリル絵の具の代用。黒・白・茶)
・つまようじ(筆代わり)
・マスキングテープ
・ダイソー 紙やすり 108円
【道具】
・ダイソー 裁縫用ハサミ 家にあったもの
・眉毛ハサミ 家にあったもの
・ピンセット 家にあったもの
・毛抜き 家にあったもの
タミヤ デザインナイフ 698円
 100均以外で揃えた方がいい、といろんなサイトで言われていた「デザインカッター」はコジマ(家電量販店)のおもちゃコーナー(ガンダムなどのプラモデルコーナー)で購入しました。
 ダイソーでは代替品のない定着剤(クレオス MrスーパークリアーUVカット つや消し)も同じくコジマのプラモデルコーナーで購入しました。
 また、元々趣味でDIYをしているため、ニス等はDIYグッズで代用しました。




















参考にさせていただいたサイト様



エリーちゃん素人カスタム(顔編)の作業レポート

顔を外す



 エリーちゃんの顔を外します。胴体から引き抜くとスポッと抜けました。

顔をカットする



 顔を線に沿ってカットしました。この位置が正しいのかは不明…

顔のメイクを落とす



 顔のメイクを落とします。この落とし方については、専門の剥離剤があるようですが、我が家は予算の都合上、DIY用のうすめ液と除光液を使いました。
 うすめ液だけ、除光液だけでも落ちなかったのですが、うすめ液の液体が十分に残っている状態で除光液を湿らしたコットンで拭くとキレイにメイクが落ちました。本来は「混ぜるな危険」の成分のような気がします。真似しない方がいいかも…

顔の下書きをする



 顔を鉛筆で下書きします。鉛筆(シャーペン)だと薄くしか色が付きませんでした。

目をくり抜く



 目の部分をデザインカッターで切り抜きます。最初は小さくくり抜いて、デザインカッターで薄く調節していくとそれなりな感じになりました。
 左右対象がベストですが、私は最後まで左右対象にならず…最終的にはつけまつげ+アイメイクで誤魔化しました

紙やすりで磨く



 目の部分を紙やすり(#1200)でキレイに磨きます。

アイメイク+眉を描く



 目の縁と眉毛を描きます
 眉に関しては最初、パステルを乗せた爪楊枝で細かく色を乗せ、左右対象か確認したあと、爪楊枝に茶色のペンキ(アクリル絵の具代わり)を付けて眉を描きました
 目に関しては眉と同様、パステルで色を置いてからペンキを付けた爪楊枝で塗りましたが、ペンキが乾いた後、再度パステルで色付けもしました。

顔にパステルを付ける


 唇、頬にパステルを塗ります。前述同様、爪楊枝の先にパステルの色を付けて顔に「置いていく」感じで塗りました。
 頬に関しては爪楊枝よりも小指で「トントン」と色を塗り重ねる方がキレイに塗れました。

定着させる


 水やお湯、経年変化で色が落ちないようにするために、「クレオス MrスーパークリアーUVカット つや消し」を吹き掛け、パステルとペンキを定着させます。
 私は1体目は下記のつけまつげを先に付けてしまいました…

つけまつげを付ける



 つけまつげを付けます。ピンセットで短く切ったつけまつげを持ちながら、木工用ボンドで瞳に付けました。写真は目頭のところを付け間違えています…
 最初は付け方がよく分からなかったので、まつげがボンドの「ダマ」だらけになってしまいました…ボンドが白く浮いてしまったところは、後からペンキを塗り重ねました
 また、つけまつげの長さはそのままでもいいようなのですが、私は「長すぎかな…」ということで、最終的には短くカットしました。

顔を胴体に戻す


 目を入れる前に胴体を体に戻しました。というのもエリーちゃん、顔を外すのは楽なのですが、顔が切られた状態だと胴体とくっつけるのが大変。目を固定していたら外れるくらい、力を掛けないと戻りません。

瞳を作る



 瞳はダイソーの目玉シールを使いました。
 今回、サイズが分からなかったので3つの大きさが入っているものを購入しました。実際には一番小さいサイズを使いました。


 この目玉シールをカットし、透明のプラスチックのみを取り出します


 この「コンタクトレンズ」のような透明プラスチックの下に、色鉛筆+ボールペンで書いた瞳を当てて、エリーちゃんの内側からマスキングテープ+接着剤(木工用ボンド)で貼り付けました。

 最初、透明プラスチックの中にレジンを流し込んで瞳にしたのですが上手くいかず。ただ、最終的に出来上がったものをみると、やはりレジンで瞳を作った方がキレイになりそうなので、今度リベンジしたいと思います。

唇・目にニスを付ける


 唇と目を艶っぽくするためにニスを爪楊枝で付けました。

植毛とかなんやらしたけれど、とりあえず完成


 一応、見よう見まねで植毛もしてみましたが、毛量・生え方・その他もろもろ気に入らないので別の機会に髪は作り直すつもりです。
 というわけで、顔は完成しました。

エリーちゃん素人カスタム(顔編)まとめ

 とにかく、制作過程は楽しいです。あっという間に時間が過ぎました。丸2日で完成しました。
 ただ、やっぱり「欲」が出てきます。もっと上手に作りたい、もっと髪をキレイにしたい、もっと瞳を上手く作りたい…など。
 今後、徐々に手直ししていこうと思います。
 実際にエリーちゃんをカスタムしてみて、私のような不器用な人でもできましたので、「ドールに手を出してみたいけれど、試すにはハードルが高い」「リカちゃんを買うより、オリジナルの着せ替え人形が欲しい」という方にはエリーちゃんカスタムは最適な方法かな、と思います。

エリーちゃん素人カスタム(顔編)の経過報告

 不具合や色味の変化などの報告です。

-エリーちゃん
-, , ,

Copyright© 雛人形 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.