雛人形

束帯の構成について

更新日:

 前回は女雛の構成である「十二単」についてまとめましたが、今回は男雛の衣装である「束帯(そくたい)」についてまとめました。
 十二単同様、「十二単のはなし―現代の皇室の装い」という文献で学び、イラストも模写としたのですが、模写も著作権に触れるということで、今回もフリーのイラストや写真を元にまとめたいと思います。
 また、様々な文献やインターネット上の情報をまとめましたが、まとめる際に間違ってしまった部分もあるかと思います(衣装に関する知識がないため)。このため、このサイト上に掲載されている情報の利用にはくれぐれもご注意ください。

羽織る順番に束帯の衣装を紹介

小袖(こそで)

 小袖(こそで)十二単にも登場します。肌着のことで、単(ひとえ)の下に着用します。
十二単のはなし―現代の皇室の装い」の図解をみると、十二単のように「表」には見えないようになっています

襪(しとうず)


 同じく十二単の説明にも登場します。襪(しとうず)とは指股のない足袋のようなもので、紐で結んで足からずれないようにします

冠(かんむり)


 束帯(そくたい)を着用する場合、その他もろもろを着込むより先に冠を先に、小袖(こそで)と襪(しとうず)を着用後、すぐに冠をかぶるようです。
 冠の構造は頭にピンと張った「纓(えい)」があります。垂纓(すいえい)と呼ばれる垂れた纓、前述の立った「立纓(りゅうえい)」がありますが、男雛でメジャーなのは「立纓」になります。wikipediaによると「江戸時代以降の天皇の冠は纓が上に上がったままのため」という記述があるため、これに影響されているものと思われます。
 纓(えい)の手前にあるのが「巾子(こじ)」です。巾子は髻(もとどり)の入る部分だそうです。

大口(おおくち)の袴


 次は足に通すです。大口(おおくち)の袴は下記の「表袴(うえのはかま)」の下に着用します。元々は肌着の役割だったそうです。ちなみに色は「紅染めの大口は十六歳から束帯に着用するもので、濃色(※紫や紅など高価な染料をふんだんに使わないと出せない贅沢な色)の大口は未成年用である」との記述があります(「十二単のはなし―現代の皇室の装い」より)。
 衣装としては、後述する「表袴(うえのはかま)」よりやや長いようで、足先から朱色が見えるようになっています。

表袴(うえのはかま)


 大口(おおくち)の袴の上に着用するのが「表袴(うえのはかま)」です。
 大口の袴と構造が異なり、「返襠(かえりまち)」があります。

単(ひとえ)


 単(ひとえ)十二単の構成にも登場するように、元々は肌着だったものです。束帯の場合でも、「袍(ほう)」の首元(首上・くびかみ)から見えるようになっています
 大口の袴同様、色は朱色です。

袙(あこめ)

 単(ひとえ)の上に着用するのが「袙/衵(あこめ)」です。衵の形状に関してはwikipediaに詳しく掲載されています。
 単(ひとえ)同様、袍の首元(首上・くびかみ)から衵が見えるようになっています

下襲(したがさね)


 衵(あこめ)の上に着用するのが「下襲(したがさね)」です。特徴は「裾(きょ)」の長さです。胸側は普通の着物のような形状ですが、後ろ側(背中~腰側)の布が長いのです。天皇・東宮の下襲の裾の長さが一丈二尺だそうです。

袍(ほう)


 束帯の中で最も特徴的な形状なのが、この「袍(ほう)」だと思います。
 まず、形状で二種類あり、「縫腋袍(ほうえきほう)」と「闕腋袍(けってきほう)」があります。男雛に使われているのは「縫腋袍(ほうえきほう)」です。これもwikipediaの説明が分かりやすいのですが、「養老律令の「衣服令」に親王・諸王・文官の朝服に「衣」とあるものが縫腋袍」とあります。

石帯(せきたい)

 以上が衣装となり、ここからは装飾品となります。
 石帯(せきたい)は今でいう「ベルト」の役割を果たしたもので、実際にベルトの形状に良く似ています。実際に牛革製で黒漆塗りだったそうです。これに金・銀などの飾りを連ねてあります。
 石帯の革部分は背中側からしか見えません。

飾太刀/飾剣(かざたち/かざりたち)


 飾太刀(かざりたち)は束帯の腰に佩く(はく)太刀のことです。足と呼ばれる、平緒(ひらお)を通す部分が二箇所ついています。

平緒(ひらお)

 飾太刀(かざりたち)を腰に佩く(はく)ための幅広の帯が平緒(ひらお)です。

檜扇(ひおうぎ)

 檜扇(ひおうぎ)は十二単にも登場します。十二単の場合、右手で持つことになっていましたが、束帯の場合は後述の帖紙(たとう)と一緒に懐中します。
 下記の帖紙同様、男雛だと省略されることも多いです。

帖紙(たとう)

 帖紙(たとう)は「平安時代の中頃から、身だしなみとして懐中するようになったもので、またこれに漢詩や和歌などを書くこともありました」とあります(「十二単のはなし―現代の皇室の装い」より)。束帯の懐(腹部あたり)に入れます
 男雛だと省略されていることも多いです。

笏(しゃく)


 笏はイメージしやすいものの一つだと思います。木でできた薄い板です。

沓(くつ)


 十二単の履物は襪(しとうず)のみでしたが、束帯の場合には沓(くつ)を履きます
 ただ、雛人形をよくよく調べてみると、仕丁(しちょう)のいるタイプの雛人形の場合、沓台(くつだい)を持った雛人形がいて、この沓台の上には沓が置かれています。このため、男雛に関しては沓を履かせなくてもいいのかな、と思います。
 ちなみに「天皇の履き物には「鞾(かのくつ)」はありません。天皇の「沓」は「挿鞋(そうかい)」というもので、錦(にしき)を張った浅沓(あさぐつ)形式のものです。」とあります。

束帯の生地・色・文様まとめ(一例)

 以上より、束帯のうちの「衣装」部分の生地・色・文様をまとめると以下のようになります(色・文様の基準は天皇の束帯による)。


構成 単衣/袷 生地 文様 備考
小袖(こそで) (表地)不明 不明  
(裏地)不明 不明
襪(しとうず) -
(白平絹(へいけん))
無文  
大口(おおくち)の袴
(引き返し)
(表地)生平絹
(きのへいけん)
紅もしくは濃色(こきいろ) 無文  
(裏地)生平絹
(きのへいけん)
表地と同色 無文
表袴(うえのはかま) (表地)浮織物(うきおりもの) 窠(か)に霰(あられ)  
(裏地)平絹 紅もしくは濃色(こきいろ) 無文
単(ひとえ) 単衣 綾織物 繁文  
袙(あこめ) (表地)綾(あや)の板引(いたびき) 紅もしくは濃色(こきいろ) 小葵紋(こあおいもん)  
(裏地)紅平絹(べにへいけん) 菱文
下襲(したがさね) (表地)綾 小葵紋 ※黄櫨染御袍の場合、表が白で裏が深い蘇芳色
青色御袍の場合表が白で裏が濃紫
(裏地)綾 横遠菱
袍(ほう) (表地)綾 黄櫨染 桐竹鳳凰麒麟の筥形文  
(裏地)平絹 表地と同色  

-雛人形
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.