雛人形

リカちゃん人形の雛人形に「立ち雛」がある。「座り雛」との違いは?

更新日:

 雛人形に関する初歩的な知識を持ち合わせていないので、まずは雛人形について調べてみました。



 リカちゃん人形の雛人形をよく観察してみると「立ち雛」と呼ばれる、リカちゃんが立った姿のものと、リカちゃんが座った「座り雛」というものがあります。
 私の記憶では、「雛人形といえば座っている」というイメージだったので「立ち雛」と呼ばれるスタイルはなんとなく「斬新」で「かっこいい」、「最近の流行りなのかな」と思い、調べてみました。

ルーツをたどれば「立ち雛」が元となっている


 リカちゃん人形はひとまずおいておいて、雛人形のルーツを辿ります。
 立ち雛に関するルーツに関しては、下記の記事に詳しく書かれていました。
参考:飾り方について 立ち雛とは

 元々、「人形(ヒトカタ)」で人間の穢れを水に流すことが雛人形のルーツだそうです。この「人形(ヒトカタ)」を調べてみると、座った姿ではなく立った姿。ですから、元々の雛人形は「立っている」のが本来のようです。衣装も紙でできていました。

座り雛は江戸時代の「内裏」の生活


 では、座り雛はいつごろから流行ったのかについてです。これも前述の記事に詳しく書かれていますが、江戸時代の「内裏」の生活を模しているそうです。

立ち雛のメリット


 では、立ち雛がいいのか座り雛がいいのか、という話になります。もちろん、見た目や予算などは別の問題になりますが、立ち雛の「メリット」を探してみました。

立ち雛はコンパクト

 いろんなサイトで書かれているのは「立ち雛はコンパクト」という記事です。雛人形に関して知識が全くなかったので、「なぜ立ち雛がコンパクトなのか」最初は全く意味がわかりませんでした。
 調べてみると、立ち雛は「男雛」と「女雛」で1セット(1組。内裏雛)らしく、三人官女や五人囃子はセットではない、ということになります。実際、下記のような記述もみられます。

現在書物などで確認されている古い形の雛人形は男女一対の立ち姿の立雛だ
引用:決定版 日本の雛人形: 江戸・明治の雛と道具60選

 この理屈から、雛壇も雛道具なども基本的に不要。画像を検索しても、屏風やぼんぼりがあるくらいです。収納するときの手間もない、ということになります。

-雛人形
-, ,

Copyright© 雛人形 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.