雛人形

雛人形の衣装とは?十二単?三人官女や五人囃子は?

更新日:

 雛人形に関しては歴史が長く、衣装に関しても細かく移り変わりがあるので、「正解はこれしかない」というのはなさそうです。
 このサイトでは「リカちゃん人形の雛人形を作る」がテーマですから、衣装が決まらないことには作り始めることができません。
 そのため、「ひな祭り文化普及協會」を参考に、衣装に関してまとめました。

女雛は「五衣唐衣裳(十二単)」


 まずは雛人形のメインともいえる「女雛」についてです。女雛の衣装は五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)、通称十二単(じゅうにひとえ)をまとっているそうです。
 髪型は「大垂髪(おすべらかし)」と呼ばれる、後ろ髪を等間隔で結ぶスタイルになっています。
 装飾品は檜扇(ひおうぎ)と呼ばれる扇を持ち、頭には釵子(さいし)と呼ばれるかんざしをセットします。

男雛は「束帯」


 男雛の衣装は「束帯(そくたい)」だそうです。
 頭には冠(纓(えい)と巾子(こじ))を被っています
 持ち物は「笏(しゃく)」。
 腰には「飾剣(かざたち)」「石帯(せきたい)」をセットします。

三人官女は「大腰袴」


 三人官女に関しては、前述のサイトに衣装に関する記述がなかったのですが、文献には以下のように記述がありました。

長袴の腰を広くして腰紐をあらかじめ結んでおき、白小袖の上に着るときにはこの腰紐を右肩にかけておくだけの姿もありました。これは「大腰袴」と呼ばれるもので、皆様もこの姿をした三人官女のおひな様をみたことがおありでしょう。その三人官女は、江戸時代の御所の風俗を写しているのです。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

 ということで、三人官女の格好は「大腰袴(おおごしばかま)」ということになります。ちなみに大腰袴は下記のような姿になっています。


 持ち物は長柄(ながえ)、島台(しまだい)、提子(ひさげ)だそうです。

五人囃子


 五人囃子の衣装に関しても、前述のサイトに記述はありませんでした。
 また、他のサイトを探してみても、「五人囃子の並び順」に関する記載はあっても、「衣装」に関する記述は見当たらず…
「能」が元になっているので、能装束…なのかな?
 道具は太鼓、大皮鼓(おおかわつづみ)、小鼓、笛となっています。

随身


 随身は右大臣・左大臣とも呼ばれています。衣装は「闕腋袍(けってきのほう)」だそうです。
 持ち物は儀仗の剣(ぎじょうのけん)、儀仗の弓(ぎじょうのゆみ)、矢羽となっています。頭には巻纓冠(けんえいかん)、緌(おいかけ)をセットします。

-雛人形
-, , , , , , , ,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.