裁縫・型紙

【十二単】長袴(ながばかま)について

更新日:

 女雛に履かせるものが「長袴(ながばかま)」になります。袴(はかま)のうち、裾(すそ)が長いものになります。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

長袴(ながばかま)の製作例

長袴(ながばかま)に関して

長袴(ながばかま)の素材・生地

 精好(せいごう)がベストのようです。
袴(はかま)の生地としては、平絹(へいけん)・綾(あや)織物・精好(せいごう)が代表的なものです。中でも、経(縦糸)よりも緯(横糸)を太くして横に強い張りをもたせた精好(せいごう)は袴地(はかまじ)に適しているので、これを引き返しとした長袴が多いようです。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

長袴(ながばかま)の色・模様

 色に関する決まりは特にないようですが、写真を見ると朱色・緋色・小豆色などの赤系統が多いです。

長袴(ながばかま)の縫い方など

 仕立ては「引き返し」となっています。
「引き返し」は「袷(あわせ)」の一種です。「袷(あわせ)」は裏地があるタイプ、ということになります。
「引き返し」の場合、「表裏同質」です。作りは以下のようになります。
これは表の生地を丈の二倍にとっておいて、裾までの寸法以外の生地を裾からその内側にまわして裏とするもので、「引き返し」と呼ばれています。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い


 袴といえば「ひだ」ですが、前述の文献の写真をみるとあまり強めに付けない方がいいのかな、と思います。
 wikipediaの「緋袴」のページのうち、「宮廷の緋袴」には下記のような記述があります。
(ひだ)は、腰周囲のサイズ調整のために作る程度で、裾までは入れなかった。

長袴(ながばかま)の着用方法

 腰紐を回します。右側にくるようになります。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-, ,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.