裁縫・型紙

【十二単】単(ひとえ)について

更新日:

 十二単(じゅうにひとえ)にも束帯(そくたい)にも単(ひとえ)が必要となります。
 元々単は肌着だったのですが、十二単も束帯も衣装を構成する重要な存在となっています。十二単も束帯も、外から見える位置に単があります。
 この単ですが、十二単と束帯で作りが異なるので、別の記事としてまとめました。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

単(ひとえ)の製作例

単(ひとえ)に関して

単(ひとえ)の素材・生地

 wikipediaによると、生地は「平絹、もしくは綾で作られており」とあります。

単(ひとえ)の色・模様

 色や模様は自由なようです。wikipediaによると、色や模様に関しては以下のような記述があります。
色や模様は自由であった。襲の色目(かさねのいろめ)についての記録を見ると、紅、白、青(現代で言う濃い緑)が多かったようである
引用:wikipedia

 実際に十二単の画像を検索してみると、赤系の単もありますし、白や緑系の単もあります。こちらの「単」は黄緑ですね。
 雛人形を見ると、種類によって赤もしくは黄緑を採用しているものが多くありました。
 しっかり色を考えたいのであれば、「重ねの色目(かさねのいろめ)」まで考える必要があります。重ねの色目は単(ひとえ)と五衣(いつつぎぬ)の6枚の袿(うちき)でグラデーションを表すのですが、色に決まりがあります。詳しくは五衣(いつつぎぬ)の項目もご参照ください。

単(ひとえ)の縫い方など

単(ひとえ)」というように裏地はなくてOKです。
 形に関しては、丈が長くなっています。単の上に羽織る五衣(いつつぎぬ)と同じくらいの丈となっています。
 袖幅(肩から袖にかけての長さ)も五衣(いつつぎぬ)より長くなっており、五衣を羽織った後も袖口から単の色が見えるようになっています
 また、wikipediaによると「脇が縫われており」とあります(束帯の単は脇が縫われないそうです)。

単(ひとえ)の着用方法

 単(ひとえ)は小袖(こそで)と呼ばれる、肌着の上に着用します。かつ、長袴(ながばかま)の上に着用することになります。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.