裁縫・型紙

【十二単】表着(うわぎ)について

更新日:

 表着(うわぎ)は十二単(じゅうにひとえ)のうち、打衣(うちぎぬ)の上、唐衣(からぎぬ)の下に着用する袿(うちき)です。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

表着(うわぎ)の製作例

表着(うわぎ)に関して

表着(うわぎ)の素材・生地

 表地に関しては以下のようになります。
 地文に立体感を持たせるために、文様部分の横糸を浮かせて織った「浮織物(うきおりもの)」、さらには、この浮織物に別の糸で上文(うわもん)を織り出した「二倍織物(ふたえおりもの)」などです。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い


 裏地は平絹(へいけん)や綾(あや)が用いられたようです。

表着(うわぎ)の色・模様

 色に関しては五衣(いつつぎぬ)打衣(うちぎぬ)のように規定はないようです。雛人形の写真を見ても、薄い紫色であったり、橙色、赤~ピンクというように、本当に多種多様です。
 文様に関しては「立涌」「唐草」「菱文」などが用いられたそうです。
文様は「立涌」、「唐草」、「菱文」などが多い
引用:十二単の基礎知識 | 一般財団法人 民族衣裳文化普及協会


 皇族の方々が着用された表着は「十二単のはなし―現代の皇室の装い」によると以下のようになります。
(皇后陛下)白の縦糸に薄い萌黄(もえぎ)色の横糸で三重襷(みえだすき)の文様を浮織物(うきおりもの)として、さらにやや濃いめの萌黄色の横糸で「白樺の丸」を上文(うわもん)とした二倍織物(ふたえおりもの)です。裏は上文と同じ萌黄色の平絹(へいけん)です。
(雅子様)表は黄色、若松菱文を地文とし紅色の南天をくわえた尾長鳥の丸を上文(うわもん)とした生(き)の二倍織物(ふたえおりもの)で、裏を黄の生平絹(きのへいげん)とした、支子(くちなし)色の重ねです。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

表着(うわぎ)の縫い方など

 形は五衣(いつつぎぬ)打衣(うちぎぬ)と同様です。表地と裏地がある「袷(あわせ)」になっています。
 襟、袖口、裾は「おめり(裏地が表地とずれて裏地の色が見える仕様)」になっています。

表着(うわぎ)の着用方法

 単(ひとえ)五衣(いつつぎぬ)打衣(うちぎぬ)の上に着用します。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.