裁縫・型紙

【十二単】唐衣(からぎぬ)について

更新日:

 唐衣(からぎぬ)は十二単(じゅうにひとえ)のうち、表着(うわぎ)の上に着用するものです。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

唐衣(からぎぬ)の製作例

唐衣(からぎぬ)に関して

唐衣(からぎぬ)の素材・生地

 表地は二倍織物(ふたえおりもの)、裏地の生地は固地綾(かたじあや)や綾絹です。

唐衣(からぎぬ)の色・模様

 色に関しては、表地は正式には禁色(きんじき)と呼ばれる、元は天皇の着る服に使用されるために、許された人しか着ることのできない色が定められています。その色は「赤色(今でいう深い紅)」「青色(今でいう黄緑色)」になります。
 裏地はもっと複雑な規定があります。まとめると以下のようになります。
赤色唐衣:縹(はなだ/薄青色)もしくは表と同色(赤系)
青色唐衣:黄色もしくは表と同色

裏地には(中略)近世の赤色唐衣は経糸は紫、緯糸は紅で織り、山科流では裏を縹とし、高倉流は表と同系色を用いた。青色唐衣は経糸緑、緯糸黄で織り、このとき、山科流では黄色の裏をつける。
引用:唐衣 - Wikipedia


 実際の雛人形の女雛を見てみると、禁色の深い紅色や緑の唐衣をまとった雛人形もありますし、橙色や薄桃色のように、禁色でない唐衣を採用している雛人形もあります。


 裏地の模様は菱文(ひしもん)です。

唐衣(からぎぬ)の縫い方など

「袷(あわせ/表地と裏地がある)」になっています。
 形は特殊です。wikipediaの説明が分かりやすいので引用します。
腰までの長さの短い上衣である。左右の襟が体の前で向きあう対襟形式で、襟は羽織のように外に折り返し、下に着る袿類よりやや短い袖がつく
引用:wikipedia


 また、正確な長さは下記の記述から読み解くことができます。
背身頃は前身頃の約三分の二の長さ、袖丈より短い
引用:十二単の基礎知識 | 一般財団法人 民族衣裳文化普及協会

唐衣(からぎぬ)の着用方法

 表着(うわぎ)の上に着用します。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.