裁縫・型紙

【束帯】表袴(うえのはかま)について

更新日:

 束帯(そくたい)で大口(おおくち)の袴の上につける袴が「表袴(うえのはかま)」です。束帯では大口の袴、表袴のように、袴は2枚重ねます

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

表袴(うえのはかま)の製作例

表袴(うえのはかま)に関して

表袴(うえのはかま)の素材・生地

 表地は浮織物(うきおりもの)、裏地は平絹(へいけん)です。

表袴(うえのはかま)の色・模様

 表は白、裏は紅(若年者は濃色(こきいろ/紫に近い色))です。柄(模様)は「窠(か)に霰(あられ)」です。

表袴(うえのはかま)の縫い方など

 袷(あわせ)です。
 形状は普通の袴とは異なり、股に「返襠(かえりまち)」と呼ばれる部分があります。この返襠は下記の記述が大変参考になります。
座りやすいように襠を帯状に別につくり、輪奈(わな)にして腰紐につけている
引用:表袴/上袴(ウエノハカマ)とは - コトバンク


 腰紐や裾の縁はおめり(裏地がはみ出るような縫い方)という縫い方をします。

表袴(うえのはかま)の着用方法

 大口(おおくち)の袴の上に着用します。
 また、大口の袴の裾が見えるような長さになります。
大口(おおくち)の袴の裾が表袴(うえのはかま)の「おめり」の下に八分(約ニ・四センチ)ほどみえるように計らい(後略)
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.