裁縫・型紙

【束帯】下襲(したがさね)について

更新日:

 下襲(したがさね)は束帯(そくたい)のうち、袙(あこめ)の上、袍(ほう)の下に着るものです。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

下襲(したがさね)の製作例

下襲(したがさね)に関して

下襲(したがさね)の素材・生地

 表裏も綾織物を使います。

下襲(したがさね)の色・模様

 色は天皇の場合、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)では「躑躅(つつじ)の下襲」といって、表が白で裏が深い蘇芳色(すおういろ/赤系の紫色)でした。青色御袍(あおいろごほう)/麹塵御袍(きくじんごほう)のときは「桜の下襲」という、表が白で裏が濃紫だそうです。
 黄櫨染御袍は重要な儀式の際に着用する袍、青色御袍/麹塵御袍は日常の儀式に着用する袍です。
 袍の話にもつながりますが、男雛では黄櫨染御袍を模した男雛もありますし、青色御袍/麹塵御袍を模した男雛もありますから、必然的に下襲の色も変わります。
 天皇・東宮の下襲の場合、文様は表が「小葵紋」、裏が「横遠菱(よことおびし)」です。

下襲(したがさね)の縫い方など

 袷(あわせ)です。
 形状は特殊で、裾が引きずるほど長いです。袍の裾から出て、後方に引きます。長さは天皇・東宮で一丈二尺になります。
 作りに関してはwikipediaも参考になります。
身頃は二巾、襟は打ち合わせのあるもので脇は縫われていないが、後身頃の裾を長く仕立てている
引用:Wikipedia

下襲(したがさね)の着用方法

 袙(あこめ)の上、袍(ほう)の下に着用します。裾は袍の外に引きずるように出します。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.