裁縫・型紙

【束帯】袍(ほう)について

更新日:

 束帯(そくたい)のうち、もっとも上に着用するのが「袍(ほう)」です。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

袍(ほう)の製作例

袍(ほう)に関して

袍(ほう)の素材・生地

 表地が綾(あや)、裏地が平絹(へいけん)になります。

袍(ほう)の色・模様

 天皇の御袍の場合、黄櫨染(こうろぜん)と呼ばれる、深い黄色になります。これは「黄櫨染御袍」と呼ばれています。
 男雛に関してですが、この「黄櫨染御袍」を模したものもありますし、白や紫、緑(青/麹塵色)の袍をまとっているものもあります。
 模様はwikipediaによると「桐竹鳳凰麒麟の筥形文」という記述が見られます。

袍(ほう)の縫い方など

 袷(あわせ)です。
 形は「闕腋袍(けってきほう)」と「縫腋袍(ほうえきほう)」があります。天皇の袍は「縫腋袍」になります。
 縫腋袍は両脇の下が縫い合わさっており、かつ裾に「襴(らん)」と呼ばれるパーツがあるのが特徴です。

袍(ほう)の着用方法

 束帯のもっとも上に羽織るのが「袍(ほう)」です。下襲(したがさね)の上に着用します。

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-, ,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.