裁縫・型紙

【束帯】単(ひとえ)について

更新日:

 十二単(じゅうにひとえ)や束帯(そくたい)といった衣装に必要なのが「単(ひとえ)」です。
 束帯の場合、首上(くびかみ)から単が見えるようになっています。

ご注意

 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

単(ひとえ)の製作例

単(ひとえ)に関して

単(ひとえ)の素材・生地

 綾織物です。
天皇ならびに東宮(とうぐう)の単(ひとえ)は、夏・冬ともに紅染の綾織物(あやおりもの)で、御文は四菱(よしびし)の繁文(しげもん)でした。そして現代では、この形式が束帯(そくたい)の単(ひとえ)の標準となっています。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

単(ひとえ)の色・模様

 束帯の場合、単(ひとえ)の色は「」となります。
これも「大口(おおくち)」同様に肌着として薬効のある紅で染めたので、「赤単(あかのひとえ)」ともいいます。
引用:十二単のはなし―現代の皇室の装い

単(ひとえ)の縫い方など

 単衣(ひとえ)です。
 縫い方に関してはwikipediaにまとめられていました。
 背縫(背筋のところで縫い合わせる)があり、袖口と脇は縫わない、長さは腰丈となります。襟は着物風です。袍(ほう)の首元(首上・くびかみ)から単が見えるようにするためです。
 また「解れないように端は「糸捻(いとひねり)」と呼んで糸でかがるか、「糊捻(のりひねり)」と呼んで糊をつけて丸めてある」そうです。

単(ひとえ)の着用方法

参考にさせていただいたサイト様

-裁縫・型紙
-,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.