裁縫・型紙

【十二単の型紙】裳(も)の作り方【着せ替え人形用】

更新日:

 裳(も)は十二単の中でも最も上に着用します。
 裳本体以外にあがちのや小腰、大腰、引腰とパーツが多く、生地も異なるので分かりにくいですが、直線縫いが多いので作りやすい装束の一つだと思います。
 また、最も上にくるので、唐衣(からぎぬ)とあわせて十二単の印象を大きく左右します。中にはオーガンジーチュールレースのような、薄くて華やかな素材を使って裳を作る方もいらっしゃるようです。

ご注意

 随時更新・随時手直し中です。写真や作り方は予告なく変更することがあります。
 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

裳(も)とは

 裳(も)の正式な生地・作り方については下記もご参照ください。

裳(も)の型紙

【十二単/裳】型紙(PDF)

裳(も)の製作例

裳(も)の作り方

 あくまで自己流の作り方を記録したものです。
 本物を作りたいのであれば十二単・束帯の作り方が掲載されている本の購入をおすすめします。

裳(も)制作の注意点

 生地等は正式なものではなく、手に入りやすい生地を使っています。正式な生地はこちらもご参照ください。
・幅広に作っています。
・表から縫うべきところがありますが、見た目を良くするために裏から縫っています。
・本来端の処理は「ひねり(薄のりをつけてひねって端がほつれないようにする)」らしいですが、今回は三つ折りにしています。
・本来大腰には刺繍が必要ですが、省略しています。
・本来大腰の中に紙を入れたり、裏布にのりを付けて補強する必要がありますが、省略しています。

裳(も)制作で使用した材料

・白系の布
・白色の糸

裳(も)制作で使用した道具

・針
・マチ針
・裁ちばさみ
・アイロン

裳(も)の制作過程

裳本体を作る


裾をくける


 裳布の裾を縫います。
 裾を内側に3つ折りにし、表に針目が出ないように縫います(三つ折りぐけ)。
 まつり縫いやボンドでもOKです。

裳の両端をくける


 裳本体のうち、2枚は両端になります。
 裳布は台形ですが、最も長い辺を縫います。ここも三つ折りぐけですが、苦手な方はまつり縫いやボンドでもOKです。

最も長い辺同士を縫い合わせる


 次に両端以外の8枚の裳布を縫い合わせます。
 裳布の長辺を縫い合わせたものを4セット作ります。この4枚は表同士を合わせ(中表)、裏側から縫い合わせます。

 縫い合わせた状態が写真のようになります。

垂直の辺について


 長い辺のうち、先程縫い合わせていない垂直の辺は本来は写真のように、表から縫い合わせるようです。
 今回は縫い目がキレイに見えるように、裏から縫い合わせました。

裳布の縫い合わせ

 裳布同士を縫い合わせます。


 最初は両サイドと裳布を縫い合わせ、次にすべての裳布同士を縫い合わせました。

アイロンを掛けて折り目を付ける


 アイロンを掛けて折り目を付けます。
 縫い目が谷に、縫い目と縫い目の真ん中が山となるように折り目を付けます。

ひだを取る


 先程の折り目がひだになります。このとき、真ん中のひだが重なりますが、向かって右のひだが上に来るようになります。
 ひだが取れたら仮縫いして抑えておきます(しつけ)。

あがちのを作る


 裳布と同じ生地であがちのを作ります。
裾をくける


 先程の裳布と同様、裾を三つ折りにして表布に針目が出ないようにして縫います(三つ折りぐけ)。ボンドやまつり縫いでもOKです。

両端をくける


 台形の最も長辺となる辺を、裾と同じように三つ折りにして縫います。

あがちの同士を縫い合わせる


 あがちのを表同士合わせ(中表)、裏から縫い合わせます。

引腰を作る


 引腰は裳のうち、引きずる紐のことです。今回は白で作っていますが、画像検索をすると赤で華やかな生地を用いていたり、表布と裏布で別の生地を用いていたり、刺繍を入れていたりと、個性が表せるパーツの一つです。
 腰紐の一種で小さくなりがちなので、リボンテープ等で代用もできます。
3辺にアイロンをかける


 3辺(長辺2辺と短辺1辺)を裏側に折り込み、アイロンをかけます。
 本来はこの3辺を内側に折り込み、くける(本ぐけ/表に針目が出ないように、内側に折り込んだ布の間を縫い進む)のですが、本ぐけが苦手なので以下のように縫いました。

短辺を縫う


 引腰の表布と裏布の表同士を合わせ(中表)、短辺を縫います。

長辺の1辺を縫う


 次に表同士を合わせたまま(中表)、長辺の1辺を縫います。

表に返して本ぐけする


 表に返して、残りの1辺を内側に折り、折り込んだ布の間を表に針目が出ないように縫います(本ぐけ)。

小腰を縫う


 小腰は裳のうち、十二単の腰で結ぶ部分になります。
 生地は唐衣(からぎぬ)の表布の共裂(ともぎれ/同じ布)を使います。
 十二単においては手前で結びます。蝶々結びのように結ぶこともあるので、最初は長め・太めに作ってサイズを調節するのがいいのかな、と思います。

3辺にアイロンを掛ける


 3辺(長辺2辺と短辺1辺)を裏側に折り込み、アイロンをかけます。
 小腰の場合、裏側から縫い合わせて表に返すのが本来の作り方のようですが、サイズが小さく引き返せないので以下のように作りました。

表に返して2方向をくける


 表に返して半分に折り、幅を確認します。
 2辺(短辺と長辺)を内側に折り込み、表に針目が出ないように縫い合わせます(本ぐけ)。

裳本体と紐を付ける


引腰を裳布にしつける


 引腰は表布に仮止めします(しつけ)。

小腰を裳布にしつける


 小腰を裏布に仮止めします(しつけ)。
 小腰は引腰の底辺に合わせて仮止めします。

あがちのを裳布にしつける


 あがちのは表布に仮止めします。

大腰を縫い付ける


 大腰は裳のうち、腰に当てる部分になります。
 生地は引腰と同じものを使うのが基本です。

紐類の下に大腰を合わせて縫う

 小腰、引腰の下に大腰の表布と裏布を挟み、縫います。

表に返し、上部をくける


 大腰を表に返し、引腰と小腰の「上」に当たる部分を縫います。
 大腰の表布と裏布を内側に折り、表に針目が出ないように縫い合わせます(本ぐけ)。

大腰の両端をくける


 大腰の両端を内側に折り込み、縫い合わせます。

-裁縫・型紙
-, , , ,

Copyright© 雛人形 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.