裁縫・型紙

【束帯の型紙】下襲(したがさね)の作り方【着せ替え人形用】

更新日:

 下襲(したがさね)は束帯(そくたい)において、袙(あこめ)の上、袍(ほう)の下に着用するものです。
 形は特殊で、後身頃の裾が長く、袍の下から出ており、着用する際は床に引きずるような形になります。

ご注意

 随時更新・随時手直し中です。写真や作り方は予告なく変更することがあります。
 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

下襲(したがさね)とは

 下襲(したがさね)の正式な生地・作り方については下記もご参照ください。

下襲(したがさね)の型紙

【束帯/下襲】型紙(PDF)

下襲(したがさね)の製作例

下襲(したがさね)の作り方

 あくまで自己流の作り方を記録したものです。
 本物を作りたいのであれば十二単・束帯の作り方が掲載されている本の購入をおすすめします。

下襲(したがさね)制作の注意点

 生地等は正式なものではなく、手に入りやすい生地を使っています。正式な生地はこちらもご参照ください。
・広袖です。
・おめりが必要です。

下襲(したがさね)制作で使用した材料

・白色の布(今回はダブルガーゼをはいだものを使用)
・紫色の布(今回はダブルガーゼをはいだものを使用)
・白色の糸

下襲(したがさね)制作で使用した道具

・針
・マチ針
・裁ちばさみ
・アイロン

下襲(したがさね)の制作過程

 制作方法は袷(あわせ)の衣装と変わりありませんので、袷の衣装である十二単の「表着(うわぎ)」の項目をご参照ください。
 表着との違いは以下のようになります。


・男性の装束なので、身八つ口はありません(袖付け口の下は縫い合わせます)。
・同じく男性の装束なので、袖の振り側(身頃に近い側/袖口と反対側)は人形(にんぎょう)仕立てとなり、縫い合わせます。


・後身頃が長く、「裾(きょ)」と呼ばれる部分がありますが、この裾の部分は後身頃の縫い方と同じです(後身頃同様、背を縫い、縫い終わったら表見頃と裏身頃を中とじします)。

-裁縫・型紙
-, , , , ,

Copyright© 雛人形 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.