裁縫・型紙

【束帯の型紙】袍(ほう)の作り方【着せ替え人形用】

更新日:

 袍(ほう)は束帯において、最も上に着用するものです。
 着せ替え人形においては、袍の出来上がりによって見た目が大きく左右されます。

ご注意

 随時更新・随時手直し中です。写真や作り方は予告なく変更することがあります。
 このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、すべてがない「ど素人」」が独学で(付け焼き刃的に)覚えた知識です。このため、情報が間違っていたり、制作過程に問題があることもあります。
 あくまで参考程度に、温かい目でお読みいただけると幸いです。
 また、前述のように「間違った知識」の可能性がありますので、情報の転載や制作物の販売等はお控えいただけると幸いです。

袍(ほう)とは

 袍(ほう)の正式な生地・作り方については下記もご参照ください。

袍(ほう)の型紙

【束帯/袍】型紙(PDF)

袍(ほう)の製作例

袍(ほう)の作り方

 あくまで自己流の作り方を記録したものです。
 本物を作りたいのであれば十二単・束帯の作り方が掲載されている本の購入をおすすめします。

袍(ほう)制作の注意点

 生地等は正式なものではなく、手に入りやすい生地を使っています。正式な生地はこちらもご参照ください。

・端袖(はたそで)と呼ばれる部分が必要です。
 この端袖は袖幅を広げるための部分です。
・襴(らん)と呼ばれる部分が必要です。
 襴は身頃の裾に付ける部分です。

袍(ほう)制作で使用した材料

・黒色の布(今回は風呂敷を使用/本来は裏布も黒ですが、今回裏布は赤色を使用しています)
・黒色の糸

袍(ほう)制作で使用した道具

・針
・マチ針
・裁ちばさみ
・アイロン

袍(ほう)の制作過程

袖を作る



 袖は写真のように、袖口側(手を出す側)の「端袖(はたそで)」と、身頃の袖付き側の「奥袖(おくそで)」が必要になります。
 本来は端袖→奥袖の順に作り、2つを合わせるのですが、袖底がずれやすいので、最初に袖を付け合わせてから袖底を作りました。

端袖(はたそで)を作る

 端袖を作ります。

奥袖と縫い合わせる部分に「端袖たし布」を縫い合わせる


 写真では上記の裏側の部分です。この部分には表布と同じ生地を用います。


 足し布と端袖の表同士を合わせ(中表)、縫い合わせます(写真の足し布は表の生地と別の生地を使っています)。

端袖を折り、足し布と縫い合わせる


 端袖を折って足し布の端を合わせ、縫い合わせます。写真では青色部分同士を縫い合わせるイメージです(前段階で縫った緑の線の部分が、出来上がった端袖では中央にくるようになります)。

奥袖と端袖を縫い合わせる


 前述で作った奥袖のうち、足し布と縫い合わせた側と奥袖を縫い合わせます。
 端袖と奥袖の表布と裏布の表側同士を合わせ(中表)、4枚で縫い合わせます。


 端袖と奥袖を縫い合わせて広げると上記の形になります。

袖底を縫い合わせる


 1つの袖の状態になったので、袖の底を縫い合わせます。
 袖は袖付け側(身頃に近い側)が狭く、袖口側(手を出す側)が広くなります。
 これを表に返せば袖の完成です。

身頃を作る


 身頃は袷の衣装と同じく背縫いから始めますが、途中で格袋(かくぶくろ・はこえ)という部分を作ることになります。
 また、本来は裏布と表布を先に縫い合わせて作りますが、今回は袷の衣装と同じように、表布・裏布を別々に作り、縫い合わせました。

背縫いをする


 表見頃の表同士を合わせ(中表)、背中の部分を縫い合わせます(写真では衿の部分まで縫っていますが、正しくは白い線の位置です)。

裏身頃の背縫いをする


 裏身頃も同様に背縫いをします。

背の中とじ


 表見頃と裏身頃の背縫い同士を縫い合わせます(背の中とじ)。


 開くと写真のようになります。

脇のしつけ


 表身頃と裏身頃のうち、後身頃に当たる部分の脇を仮縫いしておきます(しつけ)。

格袋を作る



 格袋は裏身頃側に折り込むようにして作ります。

 格袋の脇は台形になるように折り込み、脇を縫います。

身頃を縫う


脇縫いをする


 格袋ができたら前身頃と後身頃の脇を縫い合わせます(脇縫い)。
 このとき格袋は脇縫いと一緒に1針程度縫うのですが、格袋が裾側を向くようにします。

袖付け


 袖と身頃を縫い合わせます。
 袖付けは袷の装束と同じ縫い方です。

袖山・肩山を合わせる


 袖山と肩山の位置を合わせます。

表身頃と表袖、裏身頃と裏袖を縫い合わせる



 写真が大変見にくいので袷の装束をご参照ください。
 表袖は表身頃と、裏袖は裏身頃と縫い合わせます。


 縫い合わせると写真のようになります。
 袖の「振り」の部分は内側に折ります。

身頃を縫う


衽付け


 前身頃を衽の表布・裏布で挟み、縫い合わせます。

衽を縫い合わせる


 衽の表布と裏布を内側に折り、縫い合わせます(本ぐけ)。

襴を作る


 襴は袍のうち、裾の部分になります。
 本来は襴は裾→端→身頃の縫い合わせが正式な縫い方ですが、襴と身頃の縫い合わせ部分をキレイに見せるため、端→身頃→裾の順で作りました。

端を縫う

 襴の表布と裏布を表同士合わせ(中表)、両端を縫い合わせます。

身頃と襴の縫い合わせ

 身頃の裾を襴の表布・裏布で挟み、4枚で縫い合わせます。
 このとき前身頃と後身頃の間に「蟻先(ありさき)」と呼ばれる部分が必要になるので、その部分は縫い合わせないでおきます。

蟻先を縫う


 蟻先の部分は写真のように重ね合わせ、斜めになるように縫い合わせます。

裾を縫う


 表に返し、裾を内側に折り、表に針目が出ないようにして縫い合わせます(本ぐけ)。

衿を付ける


 衿は本来芯材が必要ですが、着せ替え人形なので省略します。
 衿の縫い方は単の縫い方のように、衿を挟み込むようにして縫い合わせます。

衿の表と身頃の表を合わせる


 身頃の衿付け部分に衿を合わせ、縫い合わせます。

衿を半分に折り、もう一方を縫い付ける


 衿を半分に折り、衿のもう一方の長辺も衿付けに縫い合わせます。

衿に紐を付ける


 衿の先に紐を付けます。写真は刺繍糸で代用しているのですが、既にほつれているので紐に変更予定です…。
 衿の左にはとんぼ頭を、衿の右には受緒を付けます。
 とんぼ頭は釈迦結びにするのですが、難しい場合にはビーズなどで代用します。
 釈迦結びは下記の動画が参考になると思います。

-裁縫・型紙
-, , , , ,

Copyright© 雛人形 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.