「 十二単(じゅうにひとえ) 」 一覧

no image

裁縫・型紙

【十二単・束帯の型紙】小袖(こそで)の作り方(簡易版)【着せ替え人形用】

 こちらに袷(あわせ/裏地あり)の小袖(こそで)の作り方を紹介していますが、束帯(そくたい)や十二単(じゅうにひとえ)の一番下に着用するものなので簡単に作りたい、最初から袷(裏地あり)だと難しい、と感 ...

no image

裁縫・型紙

【十二単の型紙】長袴(ながばかま)の作り方【着せ替え人形用】

(製作中) ご注意  随時更新・随時手直し中です。写真や作り方は予告なく変更することがあります。  このサイトで公開している情報は「ひな祭りに関する知識・リカちゃん人形に関する知識・衣装に関する知識、 ...

裁縫・型紙

【十二単の型紙】裳(も)の作り方【着せ替え人形用】

 裳(も)は十二単の中でも最も上に着用します。  裳本体以外にあがちのや小腰、大腰、引腰とパーツが多く、生地も異なるので分かりにくいですが、直線縫いが多いので作りやすい装束の一つだと思います。  また ...

裁縫・型紙

【十二単・束帯の型紙】襪(しとうず)の作り方【着せ替え人形用】

 襪(しとうず)は束帯(そくたい)や十二単(じゅうにひとえ)における「靴下」「足袋」のような役割を果たすものです。  足袋とは異なり、足の先が割れていないのが特徴です。 ご注意  随時更新・随時手直し ...

裁縫・型紙

【十二単・束帯の型紙】小袖(こそで)の作り方【着せ替え人形用】

 小袖(こそで)は十二単、束帯ともに、装束の一番下に着用するものです。肌着としての役割を持ちます。  また、「小袖について」の項目にも記載しましたが、小袖は1枚で着用するのではなく、3枚以上着るのが一 ...

裁縫・型紙

【十二単・束帯の型紙】肌襦袢(はだじゅばん)の作り方【着せ替え人形用】

 十二単(じゅうにひとえ)や束帯(そくたい)の最も下に着用するものは小袖(こそで)と呼ばれる白い着衣ですが、長さがあること(布をたくさん使う、縫うのに時間がかかる、着膨れする)、袷(あわせ/裏地あり) ...

裁縫・型紙

【十二単の型紙】唐衣(からぎぬ)の作り方【着せ替え人形用】

 唐衣(からぎぬ)は十二単において、裳(も)の前に着用するものです。  上半身においては一番表に羽織るものなので、雛人形の印象を左右します。このため、色や素材にこだわると、大きく印象が変わるでしょう。 ...

裁縫・型紙

【十二単の型紙】表着(うわぎ)の作り方【着せ替え人形用】

 表着(うわぎ)は打衣(うちぎぬ)の上に羽織る衣装で、形・縫い方ともに打衣同様となっています。  異なるのは素材(生地)で、打衣が赤や紫の単色であるのに対し、表着は色鮮やかで文様も様々なものが使われて ...

裁縫・型紙

【十二単の型紙】打衣(うちぎぬ)の作り方【着せ替え人形用】

 打衣(うちぎぬ)は十二単において、単(ひとえ)と五衣(いつつぎぬ)を着用した上に羽織る衣装です。  この打衣の上には表着(うわぎ)を着用します。  形状は表着と一緒、縫い方も同様です。生地の素材だけ ...

裁縫・型紙

【十二単の型紙】五衣(いつつぎぬ)の作り方【着せ替え人形用】

 五衣は5枚の袿(うちぎ)を重ねて着用します。  しかし、着せ替え人形の場合、5枚重ねて着用すると着膨れし、特に肩が盛り上がりすぎてしまい、五衣だけでなく、表着や唐衣を着用することが困難になります。 ...

Copyright© 雛人形 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.